第三者への売却

借地権を地主さんに相談するのは嫌だという人もいます。日頃から上手くいっていないと、売買の第一権利者となる地主さんに内緒で事を勧めようとしますが、無断譲渡などを行った場合、借地権の権利を失う事になります。これは、違法行為なのです。

地主さんの承諾が取れるのか、承諾してくれる場合、どの位の金額になるのかという事も、把握できるようなら把握しておきましょう。

地主さんによっては、借地権を買い取る余力がないので、第三者に売却する事を承諾する、だから第三者に借地権を売買してかまわないといってくれる事もあります。こういう場合、地主さんに支払うための各種承諾料が発生するかもしれないという事を考えて、資金を準備しておくことが必要です。

借地権を第三者の方に売却するという場合、その承諾に対し地主さんに承諾料として支払う費用が発生する場合があるのです。又現状の建物を利用する第三者が見つかればいいのですが、一般的ケースでは、建物が古くなっているため、立て替えを考えます。この場合、建て替えを承諾するという事で、一時金を地主さんに支払います。このようなことがあるので、借地権の売買については専門家に相談し、専門家と一緒に動く方がいいのです。

参考|借地権の売却はピタットハウスの【借地買取りドットコム】へ!

調査、根拠を固めて地主さんのところへ

信頼できる相談先を見つけるという事がまず第一のポイントです。不動産業者の中には、正直、借地権の売買についてほとんど知らないという人もいて、ある程度、関わったことがある方も少ない状態です。専門的にこうした案件を扱ったことがある弁護士、不動産業者、不動産鑑定士などにしっかり相談しましょう。

売却価格の査定ですが、借地権の売却先の第一候補は地主という事になります。そのため、まずは地主さんに売却したいという事を伝えなければなりません。しかし、この時、しっかりとした調査、裏付け、売却希望価格などを地主さんに根拠をもって伝える事が出来ないと、いい加減な人から買うなんてできないと怒ってしまう可能性があります。

出来れば円満に解決すること、売買の相談に乗ってもらう事が必要となります。調査なども行わず、裏付け、根拠をもっていかず、いきなり土地を売買したいと話に行くと、円満だった関係にもひびが入ります。

借地権の価格については、更地の70%ともいわれていますが、実際売却される価格とかなりの違いがある事も珍しくないので、売れる価格という事で、希望価格について根拠をもって鑑定評価してもらい、その結果など書類をもって地主さんのところに行きましょう。

借地権売買の専門家が少ないという事実

借地権を売買する際には、注意点がいくつかあります。この注意点をよく知って慎重に売買する事で、トラブルが多いという借地権の売買を円滑にできます。ポイントをよく理解して、長い係争にならないように、しっかりと対応していきましょう。裁判となれば長い期間土地活用などを考える事も出来なくなります。

借地権、低地に関する売買は、所有権前提の戸建て住宅やマンション売買と比較して、取引が少ないという点が挙げられます。またこうした借地権について取り扱っているという業者が少ないという事も考えておくべきです。つまり専門家が少ないという事です。

そのため安易に動いてしまうと、借地権の売却の際、大きなトラブルになる可能性もあります。もしも、借地権の事について専門的に動いている不動産鑑定士などがいたら、その方にしっかり相談する事、また弁護士などでこうした借地権問題に強い方がいれば、その方に相談しながら進めていく方がいいでしょう。

不動産業者は取扱件数が少ないですし、トラブルが多いと知られている借地権について、扱っているところは都市部でも少ないです。こうしたことを踏まえて、これから借地権の売買を考慮されている方は、慎重に事を進めていくことが求められます。

借地権の売買はトラブルが多い

借地問題は本当に多いです。こうした問題は各地に存在しています。特に低地と呼ばれる貸宅地に対するトラブルはとても多くなっています。借地権でも低地の場合、売買する、購入する、交換するという整理方法がありますが、売買する際、はっきり考えておかなければならないポイントがあります。

それは、いくらで売りたいと思っているのか、いつまでに売買したいのか、なおの点です。手間がかかっても、低地を売買する事が低地問題の解決となりますが、その他に、借地権を売買するに当たり、どのような方法があってどのようなメリット、デメリットがあるのかという事も、理解しておかなくてはなりません。

借地権でも低地の場合、借地人に売却するという方法、低地買取り業者に売買する方法、共同売却するという方法などがあります。借地人に売買する場合は最も高く売買できる方法となりますが、価格や権利調整に手間取りますし、売却の準備費用も掛かります。また借地人に購入意思がある事と、資金が必要という事があります。

買取り業者に売買する場合、早期売却が可能ですし、借地人との交渉が必要ありません。しかし、借地人に売却するよりも価格が低くなります。またこうした交渉等が決裂し、トラブルとなる事も多いのです。

借地権等、貸している土地の売買に関する問題は、裁判などで争われることも多くトラブルの元となる事が多いのです。当サイトは借地権の売買の方法、またトラブルなどをお知らせします。皆様のお役にたてることが出来れば幸いです。

借地権の売買について紹介します